ほっ、としました。

西荻での展示が、無事終了いたしました。

会期中お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

毎年この季節を一年の仕事の節目にしています。

これが終わると、一年の約半分が過ぎたことになります。

 

いろいろなことを考えます。

そして、やることがまだまだあったなーと、

し足りなかったなーと、

反省します。

 

ゆとりと遊びの気持ちが詰まった風船が飛んでいかないよう、

紐をしっかりと握って、仕事を続けたいです。

 

麦秋至る(ムギノトキイタル)ー 小満(末候)5/31-6/4

展示期間中、家の近所を散歩したら暦通りの風景が広がっていました。

 

週末のチャサンポーに、なんとか間に合った作品説明。小皿の裏をひっくり返すと、

絵付の文字の意味が書かれています。季節に合わせて使い分けると、

昔の暦をより身近に感じていただけるかもしれません。

 

「猫のふり出し」。なぜ猫か?との疑問にも答えられるようにしました。

 

ヨーロッパの季節感も取り入れて。中世期の12か月を表した豆皿は、興味を持って見て

くださった方が多く、とても嬉しかったです。現在の日本でも、地方によってはこの頃の

暮らしと類似した風景が残っています。

 

唐津陶土と長石釉の組み合わせは、ちょっとしたマジック。

使い慣れている方はおわかりだと思うのですが、器の表面を水でぬらすと、

下絵がよりはっきりと浮き出てくるのです。

使い込むうちに、貫入に色が入って、使用前の姿とは異った様子に

なってゆくことでしょう。この変化をぜひ楽しんでいただければと思います。

 

お名前をいただきました方々には、後ほどご挨拶させていただきたいと

思っております。

 

来年、また西荻でお会いできますように。。