オレンジではなくレモン。

レモンショートブレッド

マザーグースの詩とフランス革命で、危うさとスリルが同居する雰囲気に…。

ありもしない世界を描いた皿。

 

ぶきっちょな手つきで豪快に作るイギリスのシンプルなおやつが好きだ。

 

作り方はすこぶる簡単で「材料を混ぜて焼く」、たったこれだけ。
野山で採れる旬の果物や野菜、キッチンハーブを混ぜ込み、
リキュールやスパイスなどで変化を出す。

 

空気が冷たくなってくると、食べたくなるのはショートブレッド。
レモンをたっぷり効かせ爽やかに仕上げる。

 

直径21センチのタルト型は便利だ。
8等分にした一切れがちょうど自分の手のサイズになる。
焼きあがってすぐには食べない。
数日寝かせて風味が増してくるのをじっと待つ。

 

懐かしさと温かさがいつも同居する愛おしい味。