若返りが、議題。

エゴマの葉

 

新米シーズンになんとか間に合えばと、エゴマの葉の佃煮を作る。

 

佃煮と言っても、千切りにしたエゴマの葉を酒・砂糖・醤油にまぶし、

鍋に入れ「ちりちり、カリカリ」になるまで中火から弱火で丹念に炒る。
イギリスで自炊していた時に食べた’Crispy Seaweed’は、
海藻もしくはケールなどを千切りにして油で調理し味付けしたものだが、
食感はこれに近い。

 

エゴマの葉2

水鳥の変形皿に盛ってみた。エゴマの葉を草の茂みに見立てて。

 

エゴマの葉は、青じその仲間。
ベータカロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富で、抗酸化作用が強く

免疫力を高める効能がある。
アンチエイジングの味方。

 

炊きたての新米でおにぎりを作る。

その真ん中に佃煮を入れて、しばらくおく。
煮詰めた砂糖醤油から、じわじわと溶け出した少し癖のある香りが

ご飯にしみたところをパクリっ!

これがまた楽しい。