ニョロニョロと呼ばせたい

彼岸が過ぎると9月もあと僅か。

 

店頭に並ぶ野菜はひときわ秋の彩りが豊かになって、
やはりまず目に止まるのがリンゴ、栗、ぶどう、
そしてキノコだ。

 

千葉の緑豊かな里山は、(当たり前だが)農産物に事欠かない。
人の数よりも野菜の方が多いのじゃないかと思う。


車で15分ほどのところに、キノコを専門に栽培している工場がある。

 

ここのキノコは、揃ってきゅっと身がしまり傷がない。
大きいのや小さいのがたっぷり入っている「ご家庭用」袋を一つ買うと、
遠慮無用の濃いキノコパスタが作れる。

 

トーベ・ヤンソンの絵に出てくるような姿のエリンギを使い、
蒸しダコとエリンギのパスタを作ってみた。

 

kink

大掃除で出てきた中鉢。自分用にとっておいたもの。
ナスの素揚げやトマト、ピーマン、ズッキーニを使った夏料理が似合いそうだと思って

作ったものだ。一口ドーナツを盛っても、ピンク色が映えて可愛い。

 

キノコは薄く斜め切りにして、オリーブオイルとアボカドオイルでまぶしておく。
蒸しダコは一口大に切ったものを更に3mm位の厚みに切り、
にんにく・スモークパプリカ・タラゴン・スリーカラーペッパー・塩を

混ぜた香辛料と合わせ、5分ほどおく。
キノコをフライパンに入れ、火をつけて中火で炒め、しんなりしてきたら
香辛料でマリネしたタコを入れて強火で火を通し、水分をざっと飛ばす。
茹でたパスタと混ぜ合わせて盛り付け、好みでパセリや粉チーズを振って出来上がり。