「生きものことわざ小磁展」がはじまりました。

昨日より西荻FALLさんでの作品展、「生きものことわざ小磁展」がはじまりました。

およそ100点の小ぶりな染付磁器の器やねこ人形を展示販売中です。

 

食卓に並んだ器から、忙しい毎日に「考える」あるいは「振り返る」きっかけが生まれたら、、
という思いからことわざ食器を作りました。

 

器に描かれたイメージに、今日何を盛り付けますか?

軽やかなダンスステップを踏む思考の行く先を見とどけてみたら、

出来上がった料理の中に、自分の「今」が見つかるかもしれません。

 

'誰でも狂気の小枝を持っている'(イタリアのことわざ)

 

羽毛のようなメロディーを生み出したい!、達筆になりたい!、生き生きした絵が描きたい!など

「書く・描く」にまつわる器や、日頃使う器に添えると’料理の文脈’を整理できる(かもしれない?)

英語の句読点豆皿もあります。

 

左より時計回りに、「アセビと万年筆」、「鉛筆とバラ」、「梅の花と筆」。

 

左より時計回りに、'フルストップ'、'ハイフン'、'クエスチョン'、'フォーワードスラッシュ'。

 

6/4(日)まで催しています。

初夏のお散歩がてら、どうぞ西荻に遊びにいらしてください。