夏育ちに、ありがとう。

暑いばかりの日から
少しずつ開放されるようになってきて
なんだか、ほっとしますね。

気温が2、3度下るだけで
考えるのも、動くのも、本当に楽です。

さて、今日は、そんな快適な陽気のせいで
パンなんか作っちゃおうか?という気持になって
ホームベーカリーの力も借りて
我が家の夏のキッチン・ハーブを生地に練り込んだ
ドライトマト&チーズパンを作ってみました!

110
使用した器:走る猟犬の楕円皿

つくり方は、

・ホームベーカリーで作る食パン生地(薄力粉を全体量の三分の一位入れるのがポイント)250gを用意し、
フレッシュなタイムの葉(レモン・タイムを使用)10cmの長さのもの20本分、
ローズゼラニウムの花(ドライ)大匙3杯分、市販のドライトマト大匙3杯分(8mm位の大きさに刻む)を
生地に入れてまんべんなく練りこみます。

・ドーナツ状(リング状)のケーキ型にオイルを塗って、軽く薄力粉をまぶしておきます。

・パン生地を4等分に分け、それぞれを細長く伸ばし、荒くすりおろしたチェダーチーズ
(今回はアイルランド産を使用)50gとグリーンペッパー10粒(粗挽きしたもの)を生地全体にふりかけます。

・端(手前)からくるくると丸めてゆき、ひとつにまとめます。左右の端は、指でつまんで生地の底の部分に
くっつけます。

・4つの生地ができたら、両端を底にくっつけた部分を下にして、ケーキ型に等間隔になるよう並べます。

・まんべんなく霧吹きをして、清潔な布巾をかけ、2次発酵させます。

・オーブンの温度を180℃(余熱有)にセットして16分焼きます。さらに温度を220度に上げて8分
(余熱なし)焼き色を見ながら焼いていきます。

口に入れると、いきなりローズゼラニウムのスパイシーでフローラルな香りがふわぁっと立ち昇り、
次にパン生地の柔らかさとまろやかなチーズ、そしてドライトマトのギュッと濃厚な味わいが広がります。
レモンタイムの清涼感とグリーンペッパーのキリッとした香りと辛さが、このパンのアクセントになっていて、
見事にすべての味を調和させています。

ハーブのオード・トワレを思わせるようなフレッシュな香りが幾重にも重なり、
まさに、「香りを食べるパン」といったところでしょうか。

なかなかの出来映えに、至福の沈黙をモグモグと味わいつつ、
次の調合(組み合わせ)に、思いをめぐらせているところであります。